thanks_sabu.jpg

■個人情報の管理・取扱いについて
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。
お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。
■個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。
■個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。
■個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
■個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供されることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。
■登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処いたします。
■プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。
■メールアドレスの取扱について
大坪勇二、キーストーンフィナンシャル(株)のスタッフが配信するメルマガ(無料)に登録されますが、不要な場合はいつでも簡単に登録解除できます。

 move_tai.jpg

pro_tai_01.png
こんにちは、大坪勇二です。

 

 ・あなたは今の仕事に満足しているか?
 ・誇りを持って仕事をしているか?
 ・その価値に見合うだけの報酬を得ているか?
 ・そしてその仕事は社会からレスペクトされているか?

 

もし一つでも「はい」がなければ、これから先の文章を読む価値はある。
いいかな?

 

では始めるよ。

 

 

pro_tai_02.png
ここ数年恐ろしく伸びている業界がある。
このマーケット、あまりに新しすぎてきちんとした名前はまだついていない。

 

だからここでは仮に「コンテンツプロデュース業界」と呼ぶことにする。

 

このマーケットは、今までは出版業の一部だった。
出版業は1兆円を超える巨大な産業だ。
だけどここ十年くらいはどんどん市場規模が小さくなっている。
一部の超大手出版社以外は、どんどん売上が下がっている。

 

つぶれる会社も後を絶たない。
たちまち斜陽産業になってしまった。

 

かつて高級取りの集団だった出版業界の給料は、今や右肩下がりだ。
TV局でも同じ現象が起きている。
TV見るよりyoutubeを見る時間の方が圧倒的に長い、そんな人が増えている。

 

これは喜ぶべきことだ。
なぜなら、個人で出版社やTV局を持てる時代の到来だからだ。

 

では、かつて本や雑誌を買っていた人がどこに行っているのか。
それがこの「コンテンツプロデュース業界」だ。

 

あなたも一度や二度は、ネットで動画を見たり、
オンラインでセミナーに参加したり、かなり高額のリアルな講座やセミナーに参加したことがあるだろう。

 

一方で、月に一冊くらいしか本を読まないかもね。
本に使うお金はどんどん減る。

 

でもネットの動画は見るし、オンラインセミナーには参加する、
しかも本に使うお金の何十倍ものお金を、それに投じるそんな人がどんどん増えている。
そういう人の受け皿になっているのが、コンテンツプロデュース業界だ。

 

一方この動きは、著者などコンテンツを持っている人にとっても革命的だ。
ビジネス書などの著者(私もその一人だ)は、
かつて書籍や雑誌を通してしか、最終ユーザーとつながることができなかった。

 

ところが今はネットの発達で、超低コストでスピーディに、
しかも動画などを駆使してかつてとは比べ物にならないほどのクオリティで、
最終ユーザーと直接つながることができるようになった。

 

しかも、そちらの方が著者にとって断然高収益なのだ。
これが、出版社や雑誌社がどんどん中抜きされる構造だ。

 

コンテンツプロデュース産業の市場規模は、
何しろ正確な統計など何もないので、推定するしかないのだが、
たぶん今、日本で200億円から250億円くらいだろう。

 

しかもなお、爆発的に成長している。

 

当社はもともとはファイナンシャルプランナーの会社だったが、
私の出版を機に、5年前からコンテンツプロデューサーとして、この業界に参入した。

 

正社員が一人という小さな会社だけれど、

 

この数年、年商が、
9,000万円→1.3億円→3.0億円と、

 

加速度をつけて右肩上がりで伸びてきているのは、そういう理由だ。
しかも高収益だ。
さて、この辺で、俺たちのあなたに対するメッセージを発しよう。
「私たちとこの新しい産業を作っていかないか?」

 

pro_tai_03.png
ここで、中西謡、長倉顕太という出版業界を代表する伝説のヒットメーカーを紹介する。

 

あのフォレスト出版の編集部の、先輩と後輩として一緒に仕事をしてきた2人。
中西謡は、あの神田昌典氏の数々のヒット作をプロデュースし、半神的な存在にまで押し上げた人物。

 

また、中西謡が作ったとも言える長倉顕太は、
編集力を武器に、出版業界だけでなく、あらゆるビジネスを展開してきた。

 

自ら著者になっただけでなく、チャリティーなどの社会活動、上場企業のコンサル、
コンテンツを使ったマーケティングの専門家として大活躍しているのだ。

 

二人の巨大すぎる仕事については、改めてここで触れるまでもないだろう。

 

もちろん私は二人の作品を、二人と出会う前からほぼ全冊読破している。
心を震わせるように貪り読んだ本も少なくない。
これを読んでいるあなたも、間違いなくどこかで二人の送り出した作品に触れているはず。
21世紀初頭の日本の出版界は、二人の足跡抜きには語れない。

 

これは、この巨大な編集者でありプロデューサーの"魂"を受け継ぐ後継者を育成するプロジェクトだ。
今回のプロジェクトは、いわば2人の「遺言」。

 

2人の持てるノウハウをあなたに注ぎ込もうとするものだ。

 

デジタルとアナログ両方のメディアを駆使できる、
強力な販売力でアイディアを巨額のキャッシュに変える、
圧倒的な"編集能力"でヒット商品を量産できる、
今もっとも社会が待ち望む能力を持った人材を育成するプロジェクトだ。

 

pro_tai_04.png
「どうしてそんなことをするのか?」
「何かウラがあるんじゃないか?」

 

そう思うかもしれないから正直に言ってしまうと、

 

実は私は6月に電子出版社を立ち上げる。
(中西謡氏が編集長に就任することが決まっている。)

 

そこで一緒に戦える「仲間」が欲しいのだ。

 

世の中には優れたコンテンツ、
人を幸せにするコンテンツを持っている著者や経営者は大勢いる。

 

可能性があるのに、人材がいないだけで
諦めざるをえない場面をあまりに体験してきたからだ。

 

それに、もっと力のある仲間が増えれば、
俺たちだって、人生もっと面白くなる。

 

出版業界やマスメディア、広告業界など
巨大な相手を敵に回して戦うのは痛快じゃないか。
それが、この企画をやる最大の動機だ。

 

pro_tai_05.png
もう一度、
著者や経営者の視点から見てみよう。

 

彼らからしてみれば、出版社からの印税の何十倍ものの収入が入るし、
本業の売上も上がる。

 

しかも直接ユーザーと繋がれるから楽しくて仕方がない。
だからほとんどの著者・経営者はこれをやりたがる。

 

それはわかるよね。
ところが、ほとんどの人は自分をプロデュースできない。
ただでさえ自分を客観視するのは難しいのに、
自分を商品化するなんて至難の技だからね。

 

だから、コンテンツプロデューサーを探すのだけれど、
この能力を持っている人がほとんどいない。

 

プロデュースには、特別なトレーニングが必要だからだ。
だから、この産業はとにかく常に人材不足だ。

 

私も著者なので自分のコンテンツは持っているのだが、
ここ数年は自分の商品なんて出していられないほど多忙だった。
とにかくプロデュースの依頼が多いのだ。
次から次に依頼がくる。

 

何人かの有名著者を、常に待たせているような状態がここ何年か続いている。

 

pro_tai_06.png
だから仕事を選べる。
よりどりみどりだ。

 

自分の憧れの人、一緒にやるとこちらが成長できる相手を選んで、
どんどん仕事をすることができた。
しかも供給者が超少ない「売り手市場」。
だから、条件は常に良い。

 

基本的に著者などのコンテンツホルダーと収益は折半、
というのがそのスタイルだ。
考えてもみて欲しい。
著者がそのコンテンツを作り出すのにいったいどれくらいの年月がかかると思う?

 

5年?

 

いやそんな短い期間ではプロになんかなれっこない。

 

10年? 20年?

 

ちなみに私は20年かかった。
そこまで時間のかかる価値のあるコンテンツからくる収益の50%を、
受け取ることができるのだ。

 

せいぜい1ヶ月か2ヶ月くらい(場合によっては数週間)の仕事で。
それがコンテンツプロデューサーという仕事だ。
しかも、著者や経営者と対等以上に付き合い、
トッププロデューサーになると業界の内外から高いレスペクトを受ける。


それがこの仕事。

 

pro_tai_07.png
さて、それだけおいしい仕事なのに、コンテンツプロデューサーが極端に少ないのはなぜか。
それはこの仕事に、もっとも必要な能力を持つ人が圧倒的に少ないからだ。

 

それが"編集力"だ。

 

情報を、統合・ミックスし、新たに価値創造することや、
わかりやすい表現で可視化、伝達することだ。

 

今の日本で、編集力は稼ぐために超重要。
少し前から、コピーライティングがもてはやされているけど、
どんなにライティング力があっても、そもそも企画がク◯だったらどうしようもないのはわかるよね。

 

その企画を作る決め手が編集力なのだ。

 

pro_tai_08.png
編集力のないライターは惨めだ。
ただの賃仕事、時給いくらのマックのバイトだ。

 

ここに編集力が加わることで、ビジネスは化けるし、稼ぐ金額が二桁は跳ね上がる。
編集力がないプロデューサーも惨めだよ。
企画のクオリティで勝負できないので、煽りまくることでしか商品を売れない。

 

そんなことを繰り返した結果、ネットで自分の名前の後ろに「詐欺」と出ることになる。
そんなのゾッとしないか?
自分の名前の後ろに「詐欺」だよ。

 

私はそんなの嫌だ。
絶対に拒否する。

 

あなたはどう?

 

pro_tai_09.png
さて、
どんなにクオリティの高い企画であっても、
これをキャッシュ化するには販売しなければならない。

 

セールス、これが私の専門だ。

 

私は5年ほど前まで、営業マン教育の研修講師をしていた。
正直かなりの人気講師だったと思う。


数年間は日本の三大証券会社の全てを私が教えていたほどだ。


バカ高い研修費を気前よく払ってくれる上客だけに、
研修プログラムにも相当高いクオリティが要求された。
ここでプログラムの編集能力を徹底的に磨かれたね。


たとえあなたがセールスの経験がなくても、
 セールスが苦手でも、
 不屈の根性がなくても(!)、
 ガリガリ売り込まなくても、
 成果を出せる方法を私が教える。
 セールスは、精神力でなく、科学だ。
 科学だから因数分解できる。

 

セールス=人脈力×交渉力 だ。

 

人脈力は、どれだけ多くの人に応援してもらえるか、だし、

 

交渉力は、自分がやってほしいことをどれだけやってもらえるか、だ。

 

さらに、人脈力は、好意獲得力×メッセージの発信力だし、
交渉力は、シナリオ構築力×信用残高、だ。

 

こうして分解して、自分の一番の強みを磨き、一番弱いところに手を打てば、
あなたのセースル力は飛躍的に伸び、入ってくるキャッシュも飛躍的に増えることになる。

 

これは一生ものの財産だよ。
ここを私があなたに直接伝える。


楽しみにしていてほしい。

 

pro_tai_10.png
編集力とセールス力があれば、優れたコンテンツを持つ人をプロデュースできる。

 

ほとんどの日本の著者や経営者は、自己プロデュースができない。
だから、他人をプロデュースする能力がある人に案件が一番集まり、一番儲かる。

 

リストがゼロでものし上がれるし、稼げる。
人脈もお金も集まってくる。

 

その上、自分の名前と一緒に「詐欺」なんて表示される心配のない、
信用のある仕事だ。

 

はっきり言ってこんなにおいしい職業はない。

 

しかも、
紙媒体などアナログも絡めてプロデュースできる人は日本にはほぼ皆無なので、
競争者と圧倒的に差別化できる。

 

人脈も飛躍的に広くなるし、楽しいし、モテる。
それがコンテンツプロデューサーという仕事だ。
日本にはまだ確立されていないそんな職業、そんな産業を作りあげていく。
それがこのプロジェクトだ。

 

あなたの参画を楽しみに待っている。

 

otsubo_signature_tomei.jpg

 

 

 

 

opt_from1.jpg

■個人情報の管理・取扱いについて
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。
お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。
■個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。
■個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。
■個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
■個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供されることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。
■登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処いたします。
■プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。
■メールアドレスの取扱について
大坪勇二、キーストーンフィナンシャル(株)のスタッフが配信するメルマガ(無料)に登録されますが、不要な場合はいつでも簡単に登録解除できます。

 

 

pro_tai_11.png
実は、それだけでなく、こんなことも考えている。


これはプロジェクトが走り出してからのプランなのだけど、
こっそりここで教えておく。


実際に著者などのプロデュース案件を参加者に紹介し、
そこに俺たち3人も積極的に関わっていき、
億を売り上げる企画に磨き上げていく。


あなたには突然カネと人脈が手に入ることになる。
それは人によっては文字通り人生が激変するような体験になるだろう。


ただし、これは実ビジネスだし、クオリティを要求される。
だから、参加できる人は私たちで真剣に選ぶよ。


この動画で学んで、そんな案件に参加できるように、あなたにはなってほしい。

 

pro_tai_12.png

 

今こそ行動するときだ。


私は31歳のときに行動した。
正直遅かったと思う。


既存の秩序が崩壊する時は、学校秀才の「アカデミースマート」など何の意味もない。
それより都会のジャングルをサバイバルする「ストリートワイズ」さがもっとも重要になる。


現状に反逆しろ。
自ら変化を引き起こし、あなた自身の人生を生きろ
新しい世界で主導権を握るのは私たちだ。


あなたと会えることを楽しみにしている。

 

 

opt_from1.jpg

■個人情報の管理・取扱いについて
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。
お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。
■個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。
■個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。
■個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
■個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供されることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。
■登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処いたします。
■プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。
■メールアドレスの取扱について
大坪勇二、キーストーンフィナンシャル(株)のスタッフが配信するメルマガ(無料)に登録されますが、不要な場合はいつでも簡単に登録解除できます。

 

 

 


【編集者 中西謡】

hanada

 

「創立メンバー」として入社したフォレスト出版にて、

初代編集長に就任。


1999年に担当した『あなたの会社が90日で儲かる!』は、
それまでのマーケティング本の「常識」をことごとく無視し、
「3万部売れればベストセラー」と言われるマーケティング本の

世界で、20万部以上の大ベストセラーに。

 

日本の中小企業の経営者で、神田昌典の名前を知らぬ人はいないほど、

その名を知らしめた「仕掛人」。

 

その後も、2001年に担当した『あなたもいままでの10倍速く本が読める』
(ポール・R・シーリィ著、神田昌典監訳)は、日本中に速読ブームを巻き起こし、

現在までに速読本としては「異例」の50万部超のベストセラーとなり、
今も売れ続けているロングセラーでもある。

 

その後担当した神田昌典著『非常識な成功法則』も、マーケターの書いた自己啓発書としては、
異例の11万部超を売り上げ、経済評論家の勝間和代氏など、今も影響力の強い人物に絶賛される。

 

ビジネス書、実用書、自己啓発書、すべての分野で「社会現象」を巻き起こした、

出版界の「生きる伝説」とされている。


その後、フォレスト出版に入社した長倉顕太の才能を発掘し、
10年間で1000万部を手がける大編集者に育て上げる。

 

著者、編集者、ともに無名新人を大ベストセラー請負人に育て上げ、
まさに「コンテンツ作り、人の売り出し方、育て方」すべてにおいてその手腕を証明した。

 

これまで表に出ることを一切拒んできたが、弟子の長倉の処女作出版を記念して、
初めて表舞台に姿を表す。

 

音楽とお酒をこよなく愛する、出版界の「異端児」。


 

 

 

【株式会社長倉顕太事務所 代表取締役 長倉顕太】

 

nagakura

1973年東京生まれ、学習院大学卒。

プロデューサー、コンテンツマーケター。

 

大学卒業後、歌舞伎町で働き、

その後、ギャンブルをやるために渡米。

 

帰国後はフリーターなどを経て、28歳のときに出版社に拾われ、

編集者としてベストセラーを連発。

その後、10年間で手がけた書籍は1000万部以上に。

 

現在は独立し、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースおよび、

これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティング。

 

無名新人をプロデュースし、ベストセラー著者に導く手腕は高く評価されている。

3万部でもベストセラーと言われる出版不況の中で、半分以上の書籍を5万部以上にしてきた。

 

また、コンテンツを活用した個人や企業へのブランディングにも定評がある。

尊敬する人は音楽プロデューサーのリック・ルービン。

 

音楽をこよなく愛し、パンク、ロック、ヒップホップ、ジャズなど

クラシック以外の音楽なら何でも聴く。

 

また、好きな作家はチャールズ・ブコウスキー、

JGバラード、リチャード・ドーキンス、阿佐田哲也。

 

また、個人の情報発信が自由への近道ということで、

自らのインディーズ的な活動としては、電子書籍作家としても毎月のペースで出版中。

 

■著書

『親は100%間違っている』(電子書籍)、他多数


 

 

【キーストーンフィナンシャル株式会社 代表取締役 大坪勇二】

 

hanada

1964年長崎県生まれ。九州大学経済学部卒業。

学生時代に南米を1年間にわたって放浪。

 

新日鐵・伊藤忠商事にて9年間経理マンとして勤務後、

ソニー生命保険のフルコミッション営 業に転身。

 

しかし、販売不振で、最低時には手取り月収が 1,655円にまで

落ち込む。その後、成功者から学んだノウハウを実践し、

一躍トップセールスとなり、

最高時には手取り月収1,850万円を記録。

 

2005年、ベンチャー企業であるFPサービス会社の創設に参画。

東京支社長として、設立わずか1年で3,000社 中全国4位の営業集団をつくるなど急成長に貢献する。

 

2006年、同社の相談役に就任。

同時に教育・デジタル出版業のキーストーンフ ィナンシャル株式会社を設立し、代表取締役に就任。

同時に株式会社ゴクーの取締役を務めるなど複数のベンチャー企業の経営に携わる。

 

■著書

・手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術(ダイヤモンド社)、他


 

 

opt_from1.jpg

■個人情報の管理・取扱いについて
本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。
お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。
■個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。
■個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。
■個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
■個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供されることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。
■登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処いたします。
■プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。
■メールアドレスの取扱について
大坪勇二、キーストーンフィナンシャル(株)のスタッフが配信するメルマガ(無料)に登録されますが、不要な場合はいつでも簡単に登録解除できます。